記事一覧

これが、裁判。「それでもボクはやってない」

Amazonプライム無料体験はこちら
お気に入り度 ★★★★ 4/5
【鑑賞】 DVD
【初公開年月】 2007/1/20
【製作国】 日本
【配給】 東宝
【上映時間】 2時間23分
【ジャンル】 ドラマ
【監督】 周防正行
【出演】 加瀬亮、瀬戸朝香、山本耕史、役所広司、竹中直人、小日向文世、もたいまさこ 

【ストーリー】 
フリーターの金子徹平は、通勤ラッシュの電車で女子中学生から「痴漢したでしょ」と訴えられてしまう。まったく身に覚えのない金子は、話せば分かってもらえると思い、大人しく駅の事務室に行った。しかし、「ボクはやってない!」という訴えもむなしく、そのまま警察に連行されてしまう。その日から、留置所暮らしを余儀なくされた金子の無実を訴える戦いが始まった。

【レビュー】
この作品は、ホントに凄く真剣に鑑賞できる映画と思います!!
映画に必須の素敵なBGMや景色もなければ、派手さも無い中で、2時間半、全く飽きることなく集中できるっていうのは秀逸した作品っていう証拠な気がしました!!

私は、主人公にすごい感情移入!!
具体的には書きませんが、本当に悪い女っているからねぇ・・・
男性は注意が必要かと・・・・マジで!!!!!!!!!冤罪とか悲惨すぎるもん。。。。

10049035917_convert_20080812120200.jpg
小日向文世が演じる裁判官に主人公役の加瀬亮が苛立つシーンとか、かなり共感!!
というか、加瀬亮は、本当にはまり役だったと思います☆

なぜ自分がこうなったのか分からないまま、必死で抵抗する徹平を淡々と演じていて、そのどこにでもいそうな感じが最高でした!!

他のキャストも申し分なかったし、役所広司は、頼りになるベテラン弁護士って感じでステキ☆

あとは、母親役のもたいまさこが留置されている息子に面会に行って、開口一番「本当にやってないんだろうね!!!」って聞くシーンが印象的!!

1番リアルを感じたところかもぉ~☆
笑☆
10049035914_convert_20080812120239.jpg
ラストシーンの最高裁判所は、司法権力の象徴をわざわざ映し出すことで、その絶対的権力の大きさと恐ろしさを観客に訴えかけているように感じました!!
権力って本当に怖い。。。。
周防監督が11年ぶりにメガホンを握った原動力は、きっと“怒り”だったに違いないと思える程、この作品は理不尽な事が描かれています・・・・・
こんなことがあって許されるはずがないっていう、ストレートな使命感でメガホンをとってくれた周防監督の事が私は好きになりました

次の作品にはやくお目にかかりたいデス♪♪
10049035916_convert_20080812120217.jpg
全ての裁判がこうだとは思わないし、痴漢は間違いなく犯罪!!

けど、こういう間違った裁判もあるって言うことを知れて良かったし、なによりも良い映画に出会えたときの満足感が自分の中にあったので、観て良かったと思いました☆
気になった方は是非~☆


【予告動画】


【作品詳細】

  
Amazonプライム無料体験はこちら

トラックバック

それでもボクはやってない

アメリカでもヒットしリメイクもされた「Shall we ダンス?」の周防正行監督の新作です。 日本の裁判制度というかデティールを描いたもので、ほんとに細かく描写されており、ある意味、被疑者・被告人デビュー前に(って犯罪はしたらあかんけど)観ておくと、あるいはデビ...

それでもボクはやってない

 久々の周防監督の最新作『それでもボクはやってない』を見た。  映画は面白くて、ぐいぐい引き込まれた。出てくる人すべてがとてもしっくりきている感じがした。特にお母さん(もたいまさこ)と友達の達雄(山本耕史)、弁護士の荒川(役所広司)と須藤(瀬戸朝香)がうまか...

それでもボクはやってない

 『これが、裁判。』  コチラの「それでもボクはやってない」は、来年1/20公開になる周防正行監督の最新作なんですが、試写会で観てきちゃいましたぁ~♪今回の試写会は、約1ヶ月程の先取り&周防監督のティーチ・イン付きで、とても楽しかったです。  社交ダンスの?...

それでもボクはやってない

タイトルが全てを言いあらわしてた感でしたね。 さすが、周防正行監督。 シリアスで重いテーマだけど、ぐいぐい惹き込みます。飽きさせません。 それはそれは丹念に調べ抜き、日本の裁判制度が抱える矛盾点に鋭く斬り込み、問題提起。観た人すべて、「…し、知らな...

【映画】それでもボクはやってない

■状況 イオンシネマ太田店にてレイトショーで観賞 ■動機 気が変わって ■感想 なし ※感想とかそういう映画じゃないような気がします ■あらすじ フリーターの金子徹平(加瀬亮)は会社の面接に向かう満員電車の中で、女子中学生から痴漢の容疑を掛けられる。 ...

「それでもボクはやってない」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ ◯◯教授はやってそうですけど・・ ただ、僕の中で この映画を観る前は『ホントはやってない度』が1%くらいだったけど、観た後では5%くらいになったかな。 この教授はともかく 常々 痴漢免罪を追ったドキュメンタリーを見ていて思って...

『それでもボクはやってない』07・日

あらすじフリーターの金子徹平(加瀬亮)は、通勤ラッシュの電車で女子学生に痴漢したと訴えられ、そのまま警察に連行されてしまう。その日から、留置所暮らしを余儀なくされた金子の無実を訴える戦いが始まった・・・。感想数多くの映画賞に輝いた『それボク』が早くも地...

「それでもボクはやってない」

は~~~~~っ。裁判が進み、冤罪で法廷に立つ主人公が不利な状況になる度に巻き起こる観客のため息が劇場に充満する。観客は映画を観ていると言うよりは、主人公の支援者になって裁判に立ち会っている傍聴人のような気分で椅子に座っている。そして何度も落胆し、思わず...

「それでも僕はやってない」持つべきは友と弁護士

監督 周防正行 周防正行11年ぶりの新作は期待を大きく超える名作だった。 裁判制度に関する薀蓄を見せてくれる作品、ぐらいの期待で観に行ったが、被告を支援する母親と友人たち、親身になって援助する別の冤罪事件の被告、そして弁護士の姿に感動。 ストーリーは単純...

アナタは人を裁けますか~『それでもボクはやってない』

 周防正行監督11年ぶりの新作。「どうしても観たい!」というわけではなかったのだ けれど、あまりの評判のよさに劇場に出かけた。実は劇...

『それでもボクはやってない』

『それでもボクはやってない』公式サイト 監督・脚本:周防正行 音楽:周防義和 出演:加瀬亮 、瀬戸朝香 、山本耕史 、もたいまさこ 、田中哲司 、    光石研 、尾美としのり 、大森南朋 2007年/日本/143分 おはなし Yahoo!映画 フリーターの?...

それでもボクはやってない

それでもボクはやってない スタンダード・エディション [DVD]周防監督12年ぶりの新作は硬派な裁判映画。満員電車の中で痴漢に間違われた青年が体験する過酷な裁判の行方。“やったこと”よりも“やってないこと”を証明する方が難しいのだ。安易に金?...

映画「それでもボクはやってない」

それでも、それでもボクはやっていない。控訴します!!刑事事件で起訴されたら有罪率99.9%、冤罪事件にかぎっても97%が有罪になるという実態・・ 仕事もせずブラブラしていた金子徹平(加瀬亮)、ようやく面接にこぎつけて会社に向かうが途中で履歴書を...

それでもボクはやってない

周防正行監督が、11年ぶりに メガホンを取った本格的な 社会派ドラマで、日頃まったく 馴染みのない裁判というテーマです。 まあ、テレビや映画では裁判シーンって 結構観る事がありますが 実際の日本の裁判制度や裁判官、 警察・検事など驚く事がたくさんありまし...

それでもボクはやってない

「UC豊洲 」でも、「2007年心に残った映画アンコール上映」をやってました。 その中に、見逃してたけど、周りで評判の良かった「それでもボクはやってない 」を発見♪ でも、上映が昼間しかなく、しかも豊洲だと平日しか行く気にならず。 仕方な...

それでもボクはやってない

ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(237) それでもボクはやってない-「証明すること」と「真実であること」 「私が私であることの証明は、私にはできない。そのために欧米ではIDカードを所持している。私が私であることの証明は他人にして....

「それでもボクはやってない」

電車の中で痴漢をした犯人とされて捕まった男。 彼が捕まるところから始まり、最初の裁判が終わるまでの様子を克明に追う映画。 ボクはや...

それでもボクはやってない

それでもボクはやってない スタンダード・エディション ¥3,000 Amazon.co.jp 日本 2007年 加瀬亮、役所広司、瀬戸朝香、もたいまさこ、尾美としのり、小日向文世、大森南朋、鈴木蘭々、山本耕史、田口浩正 監督・脚本・音楽:周防正行 『Shall We ...

それでもボクはやってない

フリーターの青年・金子は、就職希望先の面接に向かう満員電車の中で、痴漢と間違えられて逮捕されてしまう。無実を訴える金子だったが、警察は彼の主張に耳を傾けず弁護士も「たとえ無実でも罪を認めて示談にした方が良い」と彼に言う。それでも潔白を訴え続ける金子は警...

「それでもボクはやってない」有罪ありきの現実に立ち向かった冤罪被害者と支援者たちの過酷な闘い

「それでもボクはやってない」は痴漢と間違えられたフリーターの青年が無罪を訴えて裁判と闘うストーリーである。周防正行監督11年ぶりの作品として現在の裁判の現実と問題点を忠実に描かれた作品として注目だ!

映画「それでもボクはやってない」

それでもボクはやってない 監督 周防正行 出演 加瀬亮 ;瀬戸朝香; 山本耕史; もたいまさこ; 役所広司 満員電車内で、痴漢に間違えられつかまった青年が、ずっと無実を訴え続ける姿を描く。 つかまってから、留置

それでもボクはやってない

「Shall We ダンス?」の周防正行監督が、 11年ぶりに作った映画。 「Shall We ダンス?」はかなり好きな映画なので 本当は映画館で観たかったのですが DVDで鑑賞となりました。(T^T) フリーターの金子徹平は 大事な就職の面接を控えた日の朝、 満員電車から?...

それでもボクはやってない

真実を 蔽う砂漠の 駱駝たち   やってない、やってないっいてんだろ、やってねえんだよ、虚しい叫びが誰にも届かず宙を舞い空に吸い込まれていく。スクリーンに釘づけになりながらも、頭の中には、物語以外のあれもこれもがぽかりぽかりと、どんどん浮かんでくる...

それでもボクはやってない

監督:周防正行 主演:加瀬亮 おそろしい現状です。 こんな流れで犯人にされてしまうなんて。 もっとおそろしいのは 真犯人以外、被害者の女の子、駅員、刑事、裁判に関わる全ての人に、 悪意はないってこと。 みんな、自分のやるべきことを迅速に滞りなく?...

それでもボクはやっていない

それでもボクはやっていない 146本目 上映時間 2時間23分 監督 周防正行 出演 加瀬亮 瀬戸朝香 山本耕史 もたいまさこ 役所広司 評価 7点(10点満点) 会場 東商ホール(試写会 134回目) 簡単(テキトー)あらすじ 電車の中で痴漢に間違えられ、それからなん?...

それでもボクはやってない(評価:☆)

【監督】周防正行 【出演】加瀬亮/瀬戸朝香/山本耕史/もたいまさこ/役所広司/他 【公開日】2007/1.20 【製作】日本 【コメント】 ...

それでもボクはやってない

『Shall we ダンス?』から約10年ぶりの周防正行監督の作品。とある映画ファンの方が「こんな映画を周防監督が作ってくれるなら、また10年でも待ちます」と言っていたのも納得の素晴らしい出来の映画でした。それ故に公開当時、関西の某弁士タレントH村淳さんが自身のラ?...

それでもボクはやってない

これが、日本の、裁判。

*それでもボクはやっていない*

{{{       ***STORY***               2007年  日本 フリーターの金子徹平(加瀬亮)は、会社の面接に向かうため通勤ラッシュの電車に乗っていた。そして、乗換えの駅でホームに降り立った彼は女子中学生から痴漢行為を問いただされ?...

それでもボクはやってない/加瀬亮、瀬戸朝香

前評判は耳にしていたし、私自身も今月公開される中では一番期待していたのがこの作品だったのですが・・・コレはスゴイッ!初日にコレをチョイスして正解でした。実は「マリー・アントワネット」とちょっと悩んだ、ちょっと(笑)。周防正行監督の11年ぶりの最新作、実際に...

それでもボクはやってない

オフィシャルサイト 2007 日本 監督:周防正行 出演:加瀬亮/瀬戸朝香/山本耕史/もたいまさこ/役所広司 ストーリー:大事な就職の面接を控えた日の朝、大勢の通勤客に混じって満員電車から駅のホームへ吐き出されたところを痴漢に間違われ現行犯逮捕されてしまった金?...

それでもボクはやってない

本当に無実でも、無罪になるとは限らない・・・ってホント? 「ファンシイダンス」(1989)。。。仏門修行、「シコふんじゃった」(1992)。。。学生相撲、そして『Shall We ダンス?』(1996)。。。ボールルームダンス・・・と、これまで意外な切り口のエ....

それでもボクはやってない (2007)

冤罪の話{%gakkari%}

それでもボクはやってない

映画「それでもボクはやってない」を観てきました!! 痴漢冤罪事件を題材にした周防正行監督の映画で、かなり話題になってるし、電車に乗ることも多くずっと気になってたので、観たいと思ってたんですよ。 こんな内容の映画です。 ↓↓↓ 『大事な就職の面接を控え...

それでもボクはやってない・・・・・評価額1550円

大ヒット作「Shall We ダンス?」が公開されたのが1996年だから、実に11年ぶりの新作となる。 何はともあれ、周防正行が第二の長谷川和彦化しなか...

「それでもボクはやってない」

 会社の友人(ブロガーではない)にかなり勧められ、それでもボクはやってないを見てきました。

「それでもボクはやってない」5つ★ 周防正行監督に拍手!

見て良かった!今まで全然知らなかった「日本の裁判の現実」に驚きと、恐怖・・・。

それでもボクはやってない

シンプルな作りなのに,素晴らしく奥深い見応え。

「それでもボクはやってない」

「それでもボクはやってない」ユナイテッドシネマ豊洲で鑑賞 加瀬亮ってやっぱりオダジョーに似てない?前に何かで完璧オダジョーだと思い込んでみていたら加瀬くんでした。全く、どこ見ているんだ!といわれそうですが…。 痴漢での冤罪を取り上げた法廷劇、周防監督...

【それでもボクはやってない】

監督:周防正行 出演:加瀬亮、役所広司、瀬戸朝香 周防監督の11年ぶりの作品。 予想していたのと少し雰囲気が違っていました。 もうちょっとコミカルな色が強いのかな~と勝手に思っていたもので。 周防監督作品というよりも、伊丹十三作品を見ているような感

「それでもボクはやってない」

洋画の法廷モノは、陪審員を巻き込んでの弁護士と検事のパフォーマンスが見所で面白い作品が多いと思います。周防監督が11年ぶりにメガフォンを持つとなれば、ハリウッドに負けないエンターテイメント作品を期待しちゃいますよね! ところが、裁判自体が主役といってい...

『それでもボクはやってない』@テアトルダイヤ

フリーターの金子徹平は会社の面接のため、通勤ラッシュの満員電車に乗った。ホームに降りると女子中学生から「痴漢したでしょ?」と声を掛けられ、駅事務室に連れて行かれ、そのまま警察署へ。「ボクは何もやってないんだ」そんな訴えに耳を貸してもらえず、いわれもない罪

それでもボクはやってない

2007年:日本 監督:周防正行 出演:加瀬亮、もたいまさこ、光石研、高橋長英、小日向文世、本田博太郎、役所広司、竹中直人、大森南朋、尾美としのり、山本耕史、清水美砂、鈴木蘭々、瀬戸朝香、田中哲司 会社の面接に向かう途中の電車の中で、女子中学生から痴漢に...

それでもボクはやってない

「それでもボクはやってない」観てきました。 実は山本耕史クンお目当てで観に行ったのですが(笑)、ストーリーも秀逸だし耕史クン以外の俳優陣も素晴らしくて、感服致しました♪ 143分ですが時間を全く感じさせず、集中して観てしまいましたよ! 2007年が始まった....

「それでもボクはやってない」

‘裁判は真実を明らかにする場所ではない!’ さすがに刑事裁判は経験は無いが、民事裁判を経験する者(原告)にとって、この作品は心に重すぎて痛々し過ぎた。 加えて声を大にして言えることは‘法は全ての人間に…実は平等ではない!’ということ。 映画として作品...

今日のおすすめ映画

ポチっとボタンを押すとランダムに映画記事が選ばれます☆

ブログ内検索

作品タイトル、俳優、女優などイロイロ検索して下さい☆

50音順映画タイトル一覧

テンプレ

ジャンル別タイトル一覧

俳優、女優別 映画タイトル一覧

◆記事の多い順!!

最新記事

Amazonで最も人気がある商品!

いち早くチェック!
※情報は1時間ごとに更新!