記事一覧

神聖なはずのカトリック学校で何が起こったのか?「ダウト ~あるカトリック学校で~」

Amazonプライム無料体験はこちら
お気に入り度    ★★★★+ 4.5/5
【鑑賞】    ―
【原題】    DOUBT
【初公開年月】    2009/3/7
【製作国】    アメリカ
【配給】    ディズニー
【上映時間】    1時間45分
【ジャンル】    ドラマ/ミステリー
【監督】    ジョン・パトリック・シャンリー
【出演】    メリル・ストリープ フィリップ・シーモア・ホフマン キャリー・プレストン エイミー・アダムス

【ストーリー】   
1964年、ブロンクスのカトリック系教会学校。校長でシスターのアロイシスは、厳格な人物で生徒に恐れられていた。ある日、人望のあるフリン神父が一人の黒人の男子生徒に特別な感情を持っているのではないかと疑念を抱くが・・・。

【レビュー】   
これは、地味な雰囲気の作品ですが、非常に面白かった!!
この映画を観ていると、疑惑(ダウト)と言うものは、1度芽生えてしまうとなかなか消すことが出来ない恐ろしいモノという事がひしひしと伝わってくる!!
人を信じることが難しい世の中で、疑惑(ダウト)を抱かずに生きていくことは出来るのか?
「ウォッチメン」のレビューでも似たような事を書いたけど、何が間違っていて何が正しいかなんて、人それぞれの見方によって、または時代によって変化していくものだと思うし、本当に難し~い。。。
正しいモノ(校長)が良いのか、最善のモノ(神父)が良いのか・・・・、物語は一見シンプルに感じるけど、実に深い!!

「もしかしたら校長が間違っているのでは?」とか「神父は良い人すぎて疑われているだけ?」など、色々勘繰ってしまうことができるうえに、立証できるだけの確信がない!!
だから、誰が間違っていて、誰を疑うべきなのかを特定できないサスペンスとしての面白さもあるし、そこに名優たちの見事な演技バトルが加わることで、とんでもない緊張感が生まれて、本当に引き込まれます!!

なので、キャストの演技に関しても、文句なし!!
アカデミー賞にノミネートされた事がある俳優陣だけあって、お見事!!
厳格な校長アロイシス(メリル・ストリープ)と、彼女に疑われるフリン神父(フィリップ・シーモア・ホフマン)が校長室で、お互いの本性を暴こうとするバトルは、本当に素晴らしかった!!

でも、私がこの映画を観ていて自然に共感してしまっていたのは、若いシスターを演じたエイミー・アダムス!!
どちらを信用して良いのか分からなくなってしまっていた彼女同様、私もどちらを信じたら良いのか最後まで分からなかったです。。。
結局は、自分の判断を信じるしかないっていうのが答えなのかなぁ???とかいろいろ考えさせられた!!
やはり、私はこう言う、考えさせられる作品や、観た後に余韻が残る作品が大好きです♪♪
神父が教会で話す内容も、巧く物語にリンクしているし、この神父の説教も見どころ!!
それに、やはりメリル・ストリープは「マンマ・ミーア!」みたいな役柄よりもこう言う役の方が似合っている気がした☆
気になった方は、是非!!おすすめ~☆


  
Amazonプライム無料体験はこちら

トラックバック

ダウト~あるカトリック学校で~

 『それは、人の心に落とされた「疑惑」という名の一滴の毒… 神聖なはずのカトリック学校で、 何が起こったのか? トニー賞&ピュリッツァー賞W受賞の舞台劇、 衝撃の映画化。』  コチラの「ダウト~あるカトリック学校で~」は、1964年のNYブロンクスのカトリッ...

ダウト~あるカトリック学校で~

公式サイト。原題:DOUBT。 ジョン・パトリック・シャンレィ監督、メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ヴィオラ・デイヴィス。力関係が神父(フィリップ・シーモア・ホフマン)>>>校長(メリル・ストリープ)と説明されていたはずな?...

【ダウト -あるカトリック学校で-】

監督:ジョン・パトリック・シャンリィ 出演:メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ヴィオラ・デイヴィス 「1964年、ニューヨークのブロンクスにあるカトリックの学校セント・ニコラス・スクールは厳格なシスターアロイシスが

ダウト~あるカトリック学校で~

疑惑を持ち続けるには確信がいる。しかし確信は不寛容を生み出す。そして不寛容は疑惑を増幅させる。 メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ヴィオラ・デイビスという4人ものアカデミー賞候補者を送り出したこの作品は、カトリック...

ダウト -あるカトリック学校で-/メリル・ストリープ

前々から観たいと思っていた作品ですけど、先日の今年のアカデミー賞ではこの作品とメリル・ストリープの名前が何度も出てきたこともあって、この映画はそんなにスゴイの???と期待度急上昇しちゃいました。オリジナルは舞台劇でトニー賞最優秀作品賞とピュリッツァー賞...

ダウトーあるカトリック学校でー

この物語から浮かび上がってくるのは、「確信が凝り固まった後には、疑惑という名の亀裂が生じる」というひとつの心理。 ジョン・パトリック・シャンリィ監督の、アメリカ社会に対する想いが、登場人物のセリフ、設定のなかに真摯に込められている。 物語:舞台は教会に...

メリル・ストリープ主演の「ダウト ~あるカトリック学校で~」を観た!

この映画、誰が主役というのではなく、4人の俳優が個性を発揮しながら、それぞれ周到な演技で自分の役割を果たし、それが見事に噛み合ってひとつの作品となっていました。まさに「映画史に残る奇跡の競演」と絶賛される由縁です。 問題の発端は、まだ幼さの残る若い修

『ダウト ~あるカトリック学校で~』

『ダウト ~あるカトリック学校で~』公式サイト 監督・原作戯曲・脚本:ジョン・パトリック・シャンリィ 出演:メリル・ストリープ 、フィリップ・シーモア・ホフマン 、エイミー・アダムス 2008年/アメリカ/105分 おはなし Yahoo!映画 1964年...

「ダウト ~あるカトリック学校で~」

演技派の対決。 まあ、こんなもの? 期待以上のものではなかった。

「ダウト あるカトリック学校で 」

JUGEMテーマ:映画  主要登場人物4人がアカデミー賞にノミネートされていた本作品、惜しくも受賞までには至りませんでしたが、前評判として聞こえてくるのは、そのクオリティの高さについてのことばかり…。とても期待していました。もともとは舞台劇という?...

ダウト-あるカトリック学校で-

1964年のニューヨークが舞台。ブロンクスにあるカトリックの学校、セント・ニコラス・スクールでは、校長のシスター・アロイシスが厳格な指導を信条に、学校を運営していました。一方、生徒の人気を集めるフリン神父は、進歩的で開かれた教会を目指していました。しかし、...

ダウト ~あるカトリック学校で~ (2008・アメリカ)

『マンマ・ミーア!』 のメリル・ストリープ主演作{%王冠webry%}

09-98「ダウト ~あるカトリック学校で~」(アメリカ)

たとえ神から遠ざかっても  前年のケネディ大統領の暗殺や公民権運動の高まりなど激動と変革の真っ只中にある1964年。ニューヨークのブロンクスにあるカトリック学校でも、厳格な校長シスター・アロイシアスに対し、進歩的で生徒の人望も篤いフリン神父はより開かれた校...

映画:ダウト あるカトリック学校で

 当初見るつもりはなかったのですが、シネマソムリエが選ぶコダワリの映画に認定されたと言うことで、ダウト あるカトリック学校でを観てきました。

ダウト ~あるカトリック学校で~

校長のモチーフはあいつか? 【Story】 1964年、ブロンクスのカトリック系教会学校。校長でシスターのアロイシス(メリル・ストリープ)は、...

『ダウト ~あるカトリック学校で~』

ここ最近、映画の感想が観た直後にあげられていない作品がチラホラ。。。 ということでいまさら感はありますが、『ダウト ~あるカトリック学校で~』の感想をアップしまーす。 ******************** 劇作家ジョン・パトリック・シャンリィが9.11の衝撃とその余波が大

ダウト あるカトリックの学校で ▲48

オフ・ブロードウェイでの演劇作品の映画化。トニー賞&ピューリッツァー賞をW受賞したという、ジョン・パトリック・シャンリィ監督。'08年。見ごたえのある台詞の応酬によって成り立っていて、思わず時間を忘れてしまった。

ダウト ~あるカトリック学校で~

1964年、ニューヨークのブロンクス。 カトリック教会学校の校長であるシスター・アロイシス(メリル・ストリープ)は、生徒に恐れらる存在で...

ダウト あるカトリック学校で

1964年。ニューヨークにあるカトリック学校の校長シスター・アロイシスは、厳格な性格で生徒達や他のシスター達を厳しく躾けていた。上級生を担任するシスター・ジェイムズは、教え子の異変をアロイシスに報告する。アロイシスは、教会のフリン神父が生徒に猥せつな行...

疑惑と確信~『ダウト~あるカトリック学校で~』

 DOUBT  ケネディ大統領暗殺の翌年、1964年のニューヨーク。厳格なシスター・アロイ シス(メリル・ストリープ)が校長を務めるカトリ...

「ダウト ~あるカトリック学校で~」

「Doubt 」 2008 USA ニューヨーク、ブロンクスのカトリック・スクールで起こった“ある疑い”を暴く心理ドラマ。 シスター・アロイシアスに「プラダを着た悪魔/2006」「大いなる陰謀/2007」「いつか眠りにつく前に/2007」のメリル・ストリープ。 フリン神父に...

「ダウト ~あるカトリック学校で~」

「ダウト ~あるカトリック学校で~」シャンテシネで鑑賞 これは話の筋がどうのとか、内容がどうのとかいうのではなく単純に俳優の演技をみるための作品。 若い人じゃ飽きちゃうだろうなあ。 カトリック学校という閉ざされた世界の中で抱いた疑いをどのように追及す...

「ダウト ~あるカトリック学校で~」

主演二人のゾクッとくるくらいの名演技

地下鉄疑惑

「サブウェイパニック」 「ダウト ~あるカトリック学校で~」

ダウト ~あるカトリック学校で~ [DVD]

原題:DOUBT公開:2009/03/07製作国:アメリカ上映時間:105分監督:ジョン・パトリック・シャンリー出演:メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ヴィオラ・デイヴィス+あらすじ+ 1964年、ブロンクスのカトリック系教会学校。校...

『ダウト あるカトリック学校で』'08・米

あらすじ1964年、ブロンクスのカトリック系教会学校。校長のアロイシス(メリル・ストリープ)は、厳格な人物で生徒に恐れられていた。人望のあるフリン神父(フィリップ・シー...

映画レビュー「ダウト/あるカトリック学校で」

ダウト ~あるカトリック学校で~ [Blu-ray]◆プチレビュー◆ 大量破壊兵器の疑惑に振り回された米国を強く意識させる物語。名優同士の競演は凄味がある。 【70点】 1964年のNY・ブロ ...

ダウト ~あるカトリック教会で~

主演は最近では『マンマ・ミーア』が記憶に新しいオスカー女優のメリル・ストリープ。共演にこれまたオスカー俳優のフィリップ・シーモア・ホフマン。他にもエイミー・アダムスとヴィオラ・デイヴィス。驚嘆すべきはこのメインの3人がいずれも本年度アカデミー賞にノミネ...

ダウト~あるカトリック学校で~

2009年3月14日(土) 21:15~ チネ10 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『ダウト~あるカトリック学校で~』公式サイト 厳格なシスター兼校長に黒人少年へのアレの嫌疑をかけられた進歩的な神父。 校長にメリル・ストリープ。神父にフィリ?...

ダウト あるカトリック学校で

ダウト あるカトリック学校で 247本目 2009-8 上映時間 1時間45分 監督 ジョン・パトリック・シャンリィ 出演 メリル・ストリープ  フィリップ・シーモア・ホフマン  エイ ...

今日のおすすめ映画

ポチっとボタンを押すとランダムに映画記事が選ばれます☆

ブログ内検索

作品タイトル、俳優、女優などイロイロ検索して下さい☆

50音順映画タイトル一覧

テンプレ

ジャンル別タイトル一覧

俳優、女優別 映画タイトル一覧

◆記事の多い順!!

最新記事

Amazonで最も人気がある商品!

いち早くチェック!
※情報は1時間ごとに更新!